ディフェンセラ

オルビスが2019年元旦に発売しNHKでも紹介|肌へのトクホ『ディフェンセラ』

特定保健用食品

オルビスが2019年元旦に発売しNHKでも紹介されたスキンケア商品は【DEFENCERA】(ディフェンセラ)。

発売から1か月、店舗では品薄になり1人1箱の制限がかけられるほどの人気です。

 

あなたは最近、どんなに保湿をしてもすぐに肌が乾燥しちゃうと感じたことはありませんか?

 

ディフェンセラが人気の理由のひとつに日本初販売の肌へのトクホだということが挙げられます。

厳しい審査を受けて消費者庁に『肌の水分を逃しにくくする』という機能の表示が承認されたスキンケア商品です。

 

トクホ(特定保健用食品)とは?

トクホについて簡単におさらいしておきましょう。

マーク

トクホ(特定保健用食品)とは、

 

「食生活において特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該特定の保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」

 

と定義されているものです。

 

ディフェンセラに置き換えて考えてみると、

乾燥が気になる肌を健やかにケアしたいという目的に対して、

『肌の水分を逃しにくくする』という機能の表示をすることが許可されています。

 

表示の許可にあたっては、食品の有効性・安全性について消費者庁の審査が必要ですが、一般的なサプリメント・機能性表示食品にはその審査は設けられていません。

トクホとして販売するためには、消費者庁の厳しい審査が必要なんですね。



トクホの許可マークがついているってことは、機能性の表示を国が認めたということになります。

よく似た言葉に「機能性表示食品」があります。

「機能性表示食品」は、論文など科学的な根拠を示せば、国の審査を受けずに効果を表示することが出来ます。

 

トクホとして国が確認したディフェンセラの機能

トクホとして認められた機能実証データ

ディフェンセラは、国に「肌の水分を逃しにくくする」機能が認められています。

3ヶ月後に出た有意差をあらわす結果から『肌の水分を逃しにくくするため、乾燥が気になる方に適する』と認められました。

図のグラフを見てわかるように、ヒト試験で機能が確認できたのは、3か月の連続飲用の結果からです。

そのため、あなたの肌の水分を逃しにくくすると実感するまで、3か月の連続飲用がおすすめです。

 

トクホ取得まで10年かけディフェンセラが誕生

  1. セラミドへの着目から、研究開発の期間が6年。
  2. トクホとしての有効性・安全性の審査に4年。

ディフェンセラは発売まで10年の歳月がかかっています。

 

 

ディフェンセラはNHKニュースでも紹介?!

オルビスのディフェンセラがNHKニュースで紹介されたという情報を見かけたので検索してみたのですが、2019年1月28日現在、該当のニュースは見つけられませんでした。

WWDニュースに『日本初の“美肌トクホ”が誕生 オルビスが1月1日に発売』と紹介されていました。

 

オルビスは、リニューアルしたばかりのオルビスユーと並んでディフェンセラを代表商品と考えているようです。

実際、店舗を見に行くと入り口に2つの商品がどどーーーんって飾られているのですぐにわかります。

美容業界でも注目されているようですね。